酵素ドリンクとグリーンスムージーの違いは?

酵素ドリンク グリーンスムージー

酵素ダイエットといえば、酵素ドリンクとグリーンスムージーがあります。

 

どちらも野菜や果物を使用していて酵素ダイエット方法ですが、どういった違いがあるのか詳しくは知らないのではないでしょうか。
酵素ドリンクとグリーンスムージーの違いについて調べました。

 

酵素ドリンクについて

酵素ドリンク
酵素ドリンクは大きなビン詰めで販売しているのが多いです。だから持ち運びに不便です。人によっては酵素ドリンクを飲み終わった後にゴミの集積所にだすことが恥ずかしいと思っている人がいるくらいです。
それくらい酵素ドリンクのビンは大きくて目立ちます。

 

野菜や果物などの植物からとれたエキスを抽出してから発酵と熟成させることでできる発酵エキス飲料です。
発酵させているため乳酸菌や麹菌など、体にとって良い菌が沢山含まれているので新陳代謝を促す効果も高く、美容や健康効果も高いものになっています。
なので、酵素ドリンクを自分で作ることは難しいです。

 

グリーンスムージーについて

グリーンスムージー
グリーンスムージーは果物や青物野菜をジューサーにかけてまるごと飲む野菜ジュースです。
ジューサーにかけることで野菜や果物の細胞が壊され、栄養素が吸収しやすい状態になっています。
この栄養素はビタミン・ミネラル・酵素などが含まれています。
野菜や果物本来の栄養をフレッシュな状態でまるごと摂取できることと、手軽に作ることができるのが利点です。
食物繊維もそのまま摂取できるので便秘解消にも効果があります。

 

グリーンスムージーは、自分で野菜から作ることもできますが市販で粉末状で売られているので酵素ドリンクに比べて持ち運びがしやすいです。

 

 

まとめ

酵素ドリンクとグリーンスムージーの決定的な違いは、ビン詰めか、自作ができるか、持ち運びがしやすいかです。

 


なので、酵素ドリンクというと大きなビンで持ち運びや収納場所の問題が大きかったのですがクレンジング酵素0なら分包タイプなので持ち運びがしやすいです。

 

大きなビンが・・・と酵素ドリンクをあきらめていた人もクレンジング酵素0なら酵素ダイエットが手軽にすることができるのです。